地震対策地震対策を実際に行なっている家庭は少ないのではないでしょうか? 日本は地理的にも規模の大きな地震が多く発生しやすいのです。
地震が起これば建物の倒壊や火災なども発生しますし、転倒する家具の下敷きになる危険性も高く、日頃から地震対策を行なうことは必須です。
スポンサードリンク

 ■地震対策の心得


地震対策 避難袋を用意しよう
地震対策グッズの中でも避難袋の準備は特に重要です。 避難袋の中には最低限下記のものを入れておいてください。
・非常食(かんぱん、おかゆ、パン、お菓子)※3日分程度
・水・救急セット・ラジオ・懐中電灯・携帯電話の充電器・電池
・ラップ・ビニール袋

地震対策 家族でしておく地震対策
まずお住まいの地域の避難所を調べ、避難ルートも確認します。 そして家族で、避難予定先を確認してください。
また、地震発生時の家族との連絡方法や連絡先も必ず決めておきましょう。 「災害伝言板」を活用するのもおすすめです。

地震対策 家具の転倒防止
地震対策で重要なのが家具の転倒防止です。 タンスや食器棚、冷蔵庫などの大型の家具や家電の転倒は、命の危険にもつながりますので必ずやっておいてください。 L字金具やチェーンなどで壁と固定したり、耐震マットやタンスストッパーなどの転倒防止グッズを使うこともおすすめです。
また転倒の際に割れたガラスなどで怪我をする可能性もあるので、スリッパを用意しておくと安心でしょう。

地震対策 家庭の避難経路を確保
避難経路上に家具を置くことは絶対に止めてください。 特に出入り口を塞ぎそうな場所に家具を置くのは危険です。
また災害時には、窓も重要な避難経路になるので、窓も塞がないように注意してください。